「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:第6話 南京中央大学に失望( 1 )   

第6話 南京中央大学に失望   


 昭和17年9月、私は一時退職して、国立南京中央大学に入学した。目的は中国語をもっと深く知り、志ある中国の青年たちと知り合う事にあった。

 しかし夢は破れた。

 国立南京中央大学は、アメリカ系の金陵大学を接収した後に南京政府が作った大学で、校舎は立派だが教授陣はいい加減だった。北京語がまるで喋れず、広東語と英語で講義してしまう女性教授までいた。

 生徒も政府高官や金持ちの子弟ばかりで、志もなにもないグータラな男がほとんどだった。
 論語の現代語訳の試験などは、日本人の私の方が上位になる有様で、しばしば教授達を嘆かせていた。

 翌年の夏休みに、一ヶ月間、日本に帰った。

 家族とゆっくりしたり、たまたま蚌埠特務機関でお世話になった渋谷さんが、病気療養で一時帰郷していたのを、山形に訪ねたりした。

 8月末、南京に戻ったが、総司令部報道部に呼ばれ、大学をやめて再び働くことになる。既に戦局は悪化の一途をたどっていた。

 結局私は、昭和19年初頭 蚌埠特務機関に復帰したのである。
[PR]

by 1937-1945 | 2007-08-17 09:32 | 第6話 南京中央大学に失望