「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:第2話 南京には野犬の大群が( 1 )   

第2話 南京には野犬の大群が    

 
 ひとけのない小山の上で一人、多くの野犬に囲まれた恐怖は忘れがたい。

 昭和14年2月、貿易会社に就職した18歳の私は、中国に渡ることになった。安徽省蕪湖出張所に赴任するすることになったのだ。旅の途中、南京に滞在した。

 市内を見渡そうと何気なく小山に登ったときのことだ。

 20頭近い野犬の群れに囲まれてしまった。頂上の私を睨みながら中腹を列をなしてぐるぐる廻り、だんだん迫って来る。自転車を急発進させて辛うじて逃れたが、後で会社の人に言われた。

「あれは1年2ヶ月前の南京攻略戦の時、数千人の遺体を埋めた土饅頭だ。地元の人は鬼(幽霊)が出ると恐れて、誰も近寄らないところだ。ああいう巨大な土饅頭が市内に幾つかあり、小さなものはたくさんある」

 鳥肌が立った。野犬達は飼い主を殺されたのだろう。
 墓を踏みつけて登った私を許せなかったのだと思う。

 後年、日本軍の従軍僧と親しくなった。彼は日本軍司令部の許可を取り、腕章を着けて中国の仏教団体と一緒に2ヶ月かけて多くの土饅頭を作り、犠牲者の遺体を葬ったと言っていた。

 また、私は、南京攻略戦の渦中にいた兵士達とも話す機会が多かった。

 城壁に囲まれた大都会の逃げ道をすべてふさいだため、戦闘を終えた時点で各部隊は自分たちの何十倍もの捕虜を抱え込んで大混乱に陥り、処置に困って虐殺に及んだようである。

 揚子江岸下関(シャークヮン)方面より突入した第16師団長中嶋中将の日記によれば、

「……始末に堪えず、捕虜にはせぬ方針なり」 と書かれている。

つまり、捕虜にはせず、逃がしもしない、ということだ。

 民間人と兵隊の区別がつかず、捕えた数の多さに恐怖を募らせて、住民を含む多数の中国人を殺戮したのだ。

 100人あまりの部隊が1万人近い捕虜を任されて、捕虜に対する恐怖心のあまり川岸の潅木林に連れ出して囲み、全員焼き殺したと言う事例も、実行した兵士から聞いた。

南京大虐殺の人数については議論のあるところだが、数はどうあれ、戦闘力を失った敵捕虜と、かなりの数の住民を殺戮したことは確かである。

 問題は殺戮した人数ではなく、人間を人間と思わなくなる戦争の狂気なのだ。
[PR]

by 1937-1945 | 2007-08-15 19:27 | 第2話 南京には野犬の大群が